ポチコの部屋

ARTICLE PAGE

特性転移について

(「・ω・)「がおー

てことで、ギルメンさんから表題の件について質問があったんで、
公式にもありますが一応説明。


そもそも特性転移ってなんじゃらほい?ってことで、
一応軽く説明すると。

本来ドロップ品などでついているop(オプション)は、
ランダムでその種類・数値が決まります。

それをいくつか組み合わせていくことによって、
自分好みのop、数値に仕上げていくのがこれの目的になります。

自分の職やステータスに合ったものを選んで
それらの数値を上げていくことによって、
結果キャラの強化につながるわけです(「・ω・)「


では早速。

移植元 (仮に装備Aとする) と、
opを移植する装備 (仮に装備Bとする) を決めます。
装備Bは、移植後に消えてしまいますので、注意。

なお、装備Aを決める基準は、

①数値が高いものがついていること
(括弧内の数値がその装備のopのMAX値で、
 それ以上になると紫色でop名が表示される。)
②特性石がないorなかなかドロップしないレアなopであること
③装備の強さ(攻撃力や防御力など)が高いこと

などを判断して、決めるとよいと思います。

またAとBの関係によっては移植ができないので注意!
できる関係は以下の通り。

①AとBは同一部位であること
(腕なら腕、片手武器なら片手武器(※ガンブレードは両手扱い)であること、
 ただし、「重・軽・衣」や「剣・杖」などの種類は問わない。)
②A≧Bの装備レベルであること
③A≧Bの装備レア度であること

以上を元に、お話を進めてまいります(「・ω・)「


OP1.jpg
今回は、赤で囲ってある魔法ダメージを残したいため、
こちらを移植元にする装備Aとします。

OP2.jpg
DPWをop値を高めて移すのを目標にして、こちらを装備Bとします。


Q1、特性転移とはどこでやるのか?(「・ω・)「
A1、装備強化画面のタブ左から2番目で行います。
   ドラスタルのおっちゃんか、Yボタンにて開きます。

画面がこちら。
OP3.jpg
元にしたいAを左に、opを移植したいBを右に入れます。

Bから移植したいopのチェックを入れていくのですが、
ここからいくつか問題が発生する場合があります(「・ω・)「

①Bにチェック1個の場合

上図のように、1個チェックを入れてそのまま移植をすると、
チェックしたopが100%付きますが、代わりにopの数値が20%減少します。
つまり物理防御は 205 → 164 (※) になってしまいます。
  ※205-(205*0.2)=164

②Bにチェック2個の場合
OP4.jpg

2個チェックを入れると、50%の確率でどちらかが付き、
opの数値はBの時と変わらずそのままAに付きます。
つまり「物理防御の場合205」が、「DPWの場合87」のどちらか
そのまま変わらず付くことになります。

③Bにチェック3個の場合
OP5.jpg

3個チェックを入れると、33.3%の確率でどれかが付き、
opの数値はBの時より10%増加した状態でAにつきます。
つまり「物理防御の場合226」が「回復量の場合209」が、
「DPWの場合96」のどれかが付くことになります。
  ※計算式 226=205+(205*0.1) 209=190+(190*0.1)
         96=87+(87*0.1) 小数点以下は四捨五入で計算される

よって、そのopをどれくらいの数値にしたいのかで、
①~③のどれかを選べばよいということになります。


今回の場合は、DPWを87より上の数値にしてつけてみたいので、
③のやり方で3つチェックを入れて1/3チャンスに挑戦です(「・ω・)「

しかしここで気を付けてほしいところが1点。
③の場合をもう1回見てみましょう。

OP5.jpg

Aの方に青く光ったopが、Bから移植されたopに代わって
「消えてしまう可能性があるop」になります。

つまり(゚д゚)!

この場合、魔法ダメージか回復量のどちらかにBのうち1個が付くことになり、
下手したら魔法ダメージが消えてしまう恐れが…!!!

これではいかんとです(´・д・`)


Q2、特性削除の活用法ってなんなんだ?(「・ω・)「
A2、必要なopを守るために要らないopを削除するときに使います。

装備Aにopの空きがない場合、一番上にあるopが対象になることが多いです。
つまるところ、空きがあれば一番上のopは対象になりません。

※ただしAとBにopが一緒のものがある場合は、
  AのopがBに上書きされる対象になります。
   ex) Aの装備に W・X・Y のop
      Bの装備に X・Y・Z のop
      この場合はAの青く光るところはWXY全ての可能性があります。


話を戻して、今回は魔法ダメージを残しておきたいため、
それ以外のもの1つを削除します。
装備強化画面の一番右のタブにて。
OP6.jpg
シェルかAPか選べるのですが、安いシェルでの削除をお勧めしますw

そして転移の画面に戻して、Bのチェックを入れてみると
OP7.jpg
キタ━(・∀・)━!!

空きのところにどれかが入る仕組みになりましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
このようにして、任意のopを任意のところへ移していくのであります!

え?結果はって?
聞かない方が身のためですよ(ノ゜д゜)ノ ガッシャーン┻━┻.;:.*+.;".;:;.:*.;:*"'.


Q3、転移はわかったよ。じゃあ特性「継承」ってなんなんよ?(「・ω・)「
A3、AにBのopをそっくりそのまま移すものです。

装備強化画面タブ右から2番目です。
allOP.jpg

AにBのopを1個以上そのままつけたいときに使います。
そのままというのは、opの組み合わせ・数値などが、
Bの時と同じまま継承されるということです。
Aのopはすべて消えてしまいます。

●青○の限定継承では、Bから(全op数-1、最大で3)個をそのままAに移植します。
  お値段 500シェルor150AP。
※APでは全部の特性と書いてありますが、
 150APはすべてのopを選択していない場合です。

●赤○の全継承では、Bの全てのopをそのままAに継承します。
  お値段 1000シェルor250AP

全継承では紫装備以上などの4つ以上opがある場合でも継承できたはずです。
何分転移しかやってこなかったので、未検証です(●´ω`●)ゞすんまへん


てな感じで、特性転移は大変奥が深いものになっております(「・ω・)「
数字が出てくるので、数字嫌いな人にはわかりにくいかもしれませんが、
何度か自分で試してみたらそのうちきっとわかるようになります!

でも一応、公式HPの説明もわからなかった方向けに…(
http://dragonsprophet.aeriagames.jp/gamesystem/ability

毎回拙い説明ですが、お読みいただきありがとうございますm(__)m
また何かあったら書きたいと思います(゚д゚)!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment